このブログを検索

2017年8月22日火曜日

ITパスポートを受験し合格しました

こんにちは、先月ITパスポートを受験し合格したので勉強法や受験の動機を書きたいと思います。

試験概要

そもそも、ITパスポートの試験内容とは
IPA独立行政法人 情報処理推進機構のホームページによると
ITを利活用するための共通的基礎知識
とあります。

全ての社会人に取得が推薦されているとのことで、時間のある学生の内に取っておこうと決意しました。

試験内容は、ストラテジ、マネジメント、テクノロジの3分野で100問出題。1分野3割以上正解のち1000点満点中合計600点で合格です。ただ、単純に1問10点ではなく、問題ごと難易度や正答率を加味し点数がつけられていくので、1問何点なのかはわかりません。

なぜ受けたのか

前述した通り、これから社会に出るにあたり最低限必要な資格だと思った為と、基本情報技術者試験の受験を考えていたのでまずは、ITパスポートを取ってみようとなったからです。

勉強法

私の勉強法としては、基礎知識がテクノロジ分野に関しては多少はあったものの、ストラテジ、マネジメントは皆無でしたので、多めに勉強時間を確保しました。
また、基本情報技術者試験の受験も考えていたので、ただ合格するだけではなく、高得点での合格を目指しました。
具体的には、1ヶ月間約100時間メニューとしては、

  1. 参考書読破。
  2. 過去問を解きまくる。
でした。1に関しては、通学時間の電車の中でITパスポート最速合格術という本を5回読みました。他にも図書館でたまたま見つけた
栢木先生のITパスポート教室 (情報処理技術者試験) という参考書も2回読みました。どちらも、わかりやすくオススメです。






 また、2に関しては、ITパスポート試験ドッドコムというサイトで、過去問題をH29春-H21秋まで、正答率が8割を超えるまでひたすら解きました。

ITパスポート試験は、PC受験ですので受験者ごとに問題が違います。過去問題とはいうものの、膨大な数の問題から抽出された100問ですので過去問に頼るのはお勧めできません。


試験結果

結果は、

  • ストラテジ 815点
  • マネジメント 815点
  • テクノロジ 820点
  • 総合    840点
でした。8割を超えていたので満足です。

まとめ

ITパスポートは、合格率50%前後の簡単な資格です。ほぼ毎週試験も行われていることもあり多くの人数が受験しています。
簡単な資格だからと言い、勉強をおろそかにし何度も不合格となっている人もいるようです。
挑戦しやすい資格ながら、マネジメントやITの広くて浅い知識が付いたので私は満足です。皆さんも、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿