このブログを検索

2018年1月3日水曜日

大学生が一人でPeach航空を使い台湾に行ってきた話。

皆さん、旅行は好きですか!?
私は好きです。
ただ、大学生になっても全然旅行に行くことがなく2年生が終わろうとしています。そのため、(ほぼ)弾丸で、台湾に行ってきましたのでレポートします。

ちょっと私の紹介を。
海外旅行は、以前にも経験あり。(2カ国)英語は少し。成人済み。
飛行機は割とかなり乗っている方。(ANA国際線ビジネスやANA国内線プレミアムクラス登場経験あり。関係ないが、JRのグランクラスもあり。)
ということで、割と席は広い方が良い。。。でしたが、今回はPeachを使ってみたいと思います!

仙台空港ー桃園空港が、就航されたのは、2017年9月です。片道7580円〜というコスパに優れています。
今回は、年末シーズンに行ったので価格はちょい高めの往復約3万円+預入荷物6000円前後でした。それでも十分安いと思います。



Peachの国際線は、2時間前からチェックインできますので(2時間前にチェックインは必須)
とりあえず、待合室へ。相変わらずガラガラ。民営化されてもガラガラは変わりませんでした。

時間が来たので飛行機へ乗車。隣は、優しい日本人の方で荷物を取ってくれたり優しかったです。
前後の、座席が中国人でギャアギャア騒ぎ出した時は、優しい隣の日本人が少しイライラしていて怖かったです。座席は、意外に狭さが気にならない。これはいける。。。!ただ、眠れませんでした。
しばらくして、桃園空港着。入国審査は、オンラインで入国カードを提出していたのですぐ終わりました。


次に、空港内で、SIMカードを購入です。空港内を探し回りSIM売り場を発見しました。私のiPhone 7はSIMフリーなので3日間ネット自由&100台湾ドル(以下TD)分の通話込で300TD(約1200円)でした。
そこの、販売員が英語が堪能でバスチケット売り場を聞くことができました。

バスチケットを聞いておいて、途中コンビニがあったのでイージーカードを購入。(交通系ICカード)Suicaみたいに、使えます。

台北市内行きのバスは、3番のりばでした。他のバスもありましたがこれが一番、安い
たしか、89TDでいけちゃいます。
待っている間、同じく日本人を発見。バスが、40分ほど遅れていたため、「なかなかこないね」みたいな会話をしてました。
バスの中は、USB充電OKの快適空間でした。

とりあえず、ホテルに着いたので荷物を置いてカメラだけ持って外へ。一番近い夜市を聞いていたのでそこへ向かうことに。



夜も、遅いのに混んでてなかなか座れず、結局何も食べませんでした。
代わりに、すき家を発見しましたので牛丼を食べました。中で69TD(280円)
米は、台湾産らしく。やはり日本の方がうまかった。

その後、ホテルに戻り荷物をばらし就寝 1時

2日目
6時起床。身支度をし、6時30分にはホテルを出ました。実質観光できるのは今日だけ!急いで出ました。
台北市内は、MRT(地下鉄)がかなり優秀でどこにでも行けちゃいます。めちゃくちゃ乗る予定なので1日乗車券を買いました。(150TD)ただ、MRTめちゃくちゃ激安で、結構遠くまで乗っても9TDとか。私は多分元取れたと思いますが元取るのは大変です。

MRTを駆使し、まず来たのは「淡水」
夕日が綺麗だそうで、ただ、そんな時間はないので早朝スタートです。この時点で7時
眠い眠いと思いながら、散歩して写真撮りました。
また、MRTに乗車し、次は中正紀念堂へ行きました。が、まさかの工事中w
幸い、外装だけでしたので中は問題なく9時のOPENと同時に中を見学しました。

次は、西門へ行きました。なんというか、原宿みたいです。タピオカジュースを飲みたくて買いましたが、間違えてタピオカじゃないのを買ってしまいました。(これを、3回ほどやりましたw)
最終的には、2箇所でタピオカジュース飲みましたが5杯飲んだのでお腹がタプタプですw

西門で、チェーン店的な店に入りました。
味が、合わず。。。ごめんなさいでした。セットのコカコーラは美味しかった。(100TD)


その後、カルフールというスーパーに行きお土産を購入しました。
これは、帰国後撮りましたが、台湾ビールとパイナップルケーキを買いました。台湾ビールは、THEビールって感じ。
一旦、ホテルに戻りシャワー浴びました。

その後は、九份へ。
九份は、千と千尋の神隠しのモデル(ジブリは正式に否定している)と言われているところ。台北からは、距離がありバスだと1時間ちょい。120TD
バス停で待ってると、日本人がいました。せっかくなんで、タクシー相乗りしました!1人約200TDでバスより割高ですが、楽に行けたので安いもんです。

九份は、人人人、でやばかったです。本当は夜景も撮りたかった。けど、あまり遅いと帰れなくなる&夜景を101に行きたかったので早々に退散です。

ちなみに、日本人の女の子学生グループ4人に頼まれて、写真を撮ってあげました!そして、最後にSNOWで集合写真。後でSNS経由で送ってもらいました。とても便利な世の中です。

帰りは、バスでのんびり帰る予定がやはりバスは激混み。バス停は、中国系の方に英語で聞きました。助かりました!

後ろの、外国人に話しかけられて喋っていたら、バスが来ました。全員乗れず、英語で「次のバスになりそうだね」と言ってたら、1人なら乗れる!と運転手が。ありがたく乗りました!これがひとり旅のいいところだ!
外国人の方とは、ちゃんとお別れできずに残念。

20時前台北101展望台着です!

これを、撮りに来たんじゃい!!!ともう天気もそこそこよく良い写真が取れました。

帰り際に、小籠包。イートインだと30分かかるとのことなので、持ち帰りに。
学生っぽい店員に、話しかけました。「Do you speak English?」すると、「にほんごはなせますよ」と言われたので、「持ち帰りはどれくらいかかりますか?」と聞きました。すると、「1人ならこっちで待っててくれればご案内できます」みたいなことを言われたので
結局英語で話しましたw英語はペラペラですごかったです。


その後、西門の台北最大の夜市「士林夜市」へ。昼間とガラリと印象が変わっててすごかった。一周回ってタピオカジュースだけ飲んでました。ホテルに12時30分ごろに着き、シャワーを浴びてさっさと寝ました。6時に起床し、7時にはバスに乗ってました。桃園国際空港で、バーガーキングを食べました。少し匂いがきつかったです。そこから、搭乗手続きして、日本に帰りました。

反省点

ホテルに寝るだけなら、もっとランクを落として安くするべきだった。
2泊3日で、全部込みで6万円くらいでした。もっと安くできたはず!
中国語を、もっと勉強し現地の人とコミュニケーションを取りたかった!また、もっと英語を話せるようになりたいと切実に思いました。

良かったこと

日本人、外国人色々な人と話すことができた。これはとても楽しい!
英語は、全然上手ではないが上手く聞き取ってくれたり、ゆっくり話してくれたりで楽しかった。英語、公用語が話せなくてもなんとかなります。

まとめ

学生は、海外に行くべし。
春休みも、どこか行こうと思います。